芽ぐむ/萌む(読み)メグム

デジタル大辞泉の解説

め‐ぐ・む【芽ぐむ/×萌む】

[動マ五(四)]
芽が出はじめる。芽吹く。「木々が―・む春」 春》「―・むなる大樹の幹に耳を寄せ/虚子
ある感情・状態などのきざしが見える。
「はやくも破局は十分に―・んでいた」〈里見弴多情仏心

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

め‐ぐ・む【芽ぐむ】

〘自マ四〙
① 芽を出す。芽を出し始める。芽ざす。《季・春》
※林葉集(1178)春「咲きさかずさこそ問とも山人よめくまん枝を折そへてくな」
※徒然草(1331頃)一五五「木の葉のおつるも、まづ落ちてめぐむにはあらず。下よりきざしつはるに堪へずして落つるなり」
② 感情・思想・思潮などが、新しく生まれる。
※人情本・英対暖語(1838)二「お房も今年十六才、春の心をめぐみたる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android