コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

てんかんとまちがえられやすい病気 てんかんとまちがえられやすいびょうき

1件 の用語解説(てんかんとまちがえられやすい病気の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

てんかんとまちがえられやすいびょうき【てんかんとまちがえられやすい病気】

 てんかんと似た症状を示す病気は多く、しばしばてんかんとまちがえられ不必要な治療を受けてしまう場合がありますので、受診のさいに注意が必要です。
 突然の意識消失をきたすものとしては、心臓の不整脈(ふせいみゃく)、起立時や排尿時などの急激な血圧低下による失神(しっしん)、ナルコレプシーなどの睡眠発作(すいみんほっさ)、糖代謝異常(とうたいしゃいじょう)による低血糖(ていけっとう)などがあります。
 運動症状を示すものは、ジストニア(筋肉がゆっくりとねじれること)などの神経疾患による不随意(ふずいい)運動、低カルシウムによるテタニー(筋肉の断続的な収縮によるけいれん)などがあります。
 また、心因性(しんいんせい)発作とてんかんは、しばしば区別がむずかしいことがあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

てんかんとまちがえられやすい病気の関連キーワード感冒腺熱驚風発情期寛解アマニタトキシン抗てんかん薬ナイアシン欠乏パラコレラ中耳炎 (otitis media)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone