てんつるてん(読み)テンツルテン

精選版 日本国語大辞典の解説

てんつるてん

[1] 〘形動〙
① 着物の丈(たけ)が短く、脚がむき出しになっているさま。つんつるてん。
※洒落本・傾城買談客物語(1799)一「よごれくさったてんつるてんのぬのこをきて」
② 無一物であるさま。すってんてんてつるてん
浮世草子・好色通変歌占(1688)下「身躰てんつるてんとなる也、凶也」
[2] 〘副〙 三味線の音を写した語。てつるてん。
※浄瑠璃・義仲勲功記(1756)四「歌や三味線てんつるてんてんつるてんとうかれ立」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android