であるから

精選版 日本国語大辞典「であるから」の解説

で‐あるから

〘接続〙 前の事柄の当然の結果として、後の事柄が起こることを示す。だから。そうであるから。
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「楽みな事がある、類さんが、一所に喜むでくれる! であるから何を為る効(かひ)もあったのだ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android