コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とう頓 とうとんTa-dun; T`a-tun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

とう頓
とうとん
Ta-dun; T`a-tun

[生]?
[没]207
モンゴル,烏丸 (うがん) 族の君長。後漢末,烏丸は4部に分れ,各部の大人は王を称した。とう頓は武略にすぐれ,遼西の烏丸大人丘力居の死 (190~193頃) 後,その大人となり,他の3部を併合して権勢をふるった。しかも漢人十万余戸が国内の戦乱を逃れ,彼の支配下に入って策動したため,これに危険を感じた曹操は,建安 12 (207) 年に烏丸を征討し,とう頓を柳城 (遼寧省朝陽付近) に撃破し斬った。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

とう頓の関連キーワード年代測定当事者尋問ウラン・鉛法県の過疎地域における集落実態調査秦二世皇帝勾留接見交通権4KテレビNOTTVミュー粒子