コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦二世皇帝 しんにせいこうていQin-er-shi huang-di; Ch`in-erh-shih huang-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦二世皇帝
しんにせいこうてい
Qin-er-shi huang-di; Ch`in-erh-shih huang-ti

[生]始皇帝18(前229)
[没]子嬰3(前207)
中国,秦の皇帝 (在位前 210~207) 。始皇帝の子。名は胡亥。始皇帝の死後,丞相の李斯と宦官の趙高が,太子扶蘇と将軍蒙恬 (もうてん) をにせの詔勅で殺し擁立。才能がなく失政を続けたため,各地に反乱が起り,趙高に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

秦二世皇帝の関連キーワード阿房宮

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android