コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秦二世皇帝 しんにせいこうていQin-er-shi huang-di; Ch`in-erh-shih huang-ti

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

秦二世皇帝
しんにせいこうてい
Qin-er-shi huang-di; Ch`in-erh-shih huang-ti

[生]始皇帝18(前229)
[没]子嬰3(前207)
中国,秦の皇帝 (在位前 210~207) 。始皇帝の子。名は胡亥。始皇帝の死後,丞相の李斯と宦官の趙高が,太子扶蘇と将軍蒙恬 (もうてん) をにせの詔勅で殺し擁立。才能がなく失政を続けたため,各地に反乱が起り,趙高に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

秦二世皇帝の関連キーワード阿房宮

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android