コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

烏丸 うがんWu-wan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

烏丸
うがん
Wu-wan

烏桓 Wu-huanとも写す。漢代から三国のの初頭にかけて,内モンゴル東部を中心に活躍した遊牧民族。その言語については記録がほとんどないが,同種の鮮卑族の言語がトルコ語またはモンゴル語で解釈されるところから,トルコ民族かモンゴル民族であろうとされている。ラオハ川流域を本拠とし,匈奴に服属していたが,匈奴が南北に分裂すると (48) ,族長たちは後漢に下ってその北辺を防備。後漢が衰えると独立し,一時強大になったが,魏の曹操に敗れて (207) ,中国の北辺,内地に移住させられた。北魏の華北統一以後,次第に漢民族に融合していった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うがん〔ウグワン〕【×烏丸/××桓】

代に、中国北方にいたアルタイ語系遊牧民族。前3世紀に匈奴(きょうど)に敗れた東胡の後裔。後漢末期に勢力を強め、中国北辺を侵したが、207年に魏(ぎ)曹操(そうそう)に滅ぼされた。

からすまる【烏丸】

平安京の南北の小路。現在の烏丸(からすま)通りにあたる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

からすま【烏丸】

京都市を南北にはしる道路。 JR 京都駅から北大路通りまでをいい、昔の烏丸からすまる小路に相当する。烏丸通り。

からすまる【烏丸】

「烏丸小路」の略。東洞院とういん大路と西洞院大路の間にあり、現在の烏丸からすま通りとほぼ同じ。

からすまる【烏丸】

姓氏の一。藤原北家の一流、日野家の一門。日野権大納言資康の子豊光を祖とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

烏丸
うがん

漢―北魏(ほくぎ)間の中国北方にいたアルタイ語系遊牧民族。烏桓とも書く。古くは東胡(とうこ)とよばれ、東胡が紀元前3世紀末に匈奴(きょうど)に撃破されると残部は2部に分かれ、北方シラムレン川流域を根拠地としたのが鮮卑(せんぴ)、南方ラオハ川流域に根拠地を置いたのが烏丸とよばれた。中国正史によれば、狩猟、交易のほか、季節的農耕の痕跡(こんせき)もある。シャーマニズムを信仰し、初め統一勢力はなく、非世襲の大人(たいじん)に統率されて地域ごとに分立し、匈奴に服属していたが、のち漢にも朝貢し、漢の匈奴抑制策の一翼を担い、両者に属するようになった。後漢(ごかん)末に至り、大人が世襲化し、(とうとん)が柳城を拠点として大部分を統一する勢力を形成したが、河北を平定した魏の曹操(そうそう)(155―220)により壊滅させられた。残部は多く鮮卑に従い、のち4世紀にかけて鮮卑とともに中国内地に移入して農耕民化し、北魏以降、漢民族と融合の度合いを深めていった。[片桐 功]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の烏丸の言及

【烏桓】より

…前2~後3世紀初,内モンゴルのラオハ川流域を中心に活動した遊牧民族。烏丸とも記され,前206年ころ匈奴の冒頓単于(ぼくとつぜんう)に滅ぼされた東胡の一派。族名については,蒙古語ukhaghan(賢),unagan(奴隷)などとする説がある。…

※「烏丸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

烏丸の関連情報