コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とこずれ(褥瘡) とこずれじょくそう

1件 の用語解説(とこずれ(褥瘡)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

とこずれじょくそう【とこずれ(褥瘡)】

 長時間、同じ姿勢で座ったり、寝ていると、体重のかかるからだの一部がしびれたり、痛くなったりします。ところが、まひのある人や寝たきりの人では、しびれや痛みを感じにくかったり、自分で姿勢を変えることができないため、ついには血のめぐりが途絶え、皮膚や深部の組織が障害されたり、壊死(えし)をおこしたりします。この状態のことを、とこずれ(「褥瘡(とこずれ)」)といいます。とくに仙骨部(せんこつぶ)(おしりの一部)や踵(かかと)など、骨が突き出している部分には重みが集中して強い圧迫が加わるため、とこずれができやすくなります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

とこずれ(褥瘡)の関連キーワードコメットシーカーエコノミークラス症候群御平らに座葬長時長時間寝疲れ孤座座棺座浴

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone