コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

とこずれ(褥瘡) とこずれじょくそう

家庭医学館の解説

とこずれじょくそう【とこずれ(褥瘡)】

 長時間、同じ姿勢で座ったり、寝ていると、体重のかかるからだの一部がしびれたり、痛くなったりします。ところが、まひのある人や寝たきりの人では、しびれや痛みを感じにくかったり、自分で姿勢を変えることができないため、ついには血のめぐりが途絶え、皮膚や深部の組織が障害されたり、壊死(えし)をおこしたりします。この状態のことを、とこずれ(「褥瘡(とこずれ)」)といいます。とくに仙骨部(せんこつぶ)(おしりの一部)や踵(かかと)など、骨が突き出している部分には重みが集中して強い圧迫が加わるため、とこずれができやすくなります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android