なまよみの(読み)ナマヨミノ

デジタル大辞泉の解説

なまよみ‐の

[枕]「甲斐(かひ)」にかかる。語義・かかり方未詳。
「―甲斐の国」〈・三一九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまよみの

( 枕詞 )
国名「甲斐かい」にかかる。語義未詳。 「 -甲斐の国うち寄する駿河の国と/万葉集 319

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なまよみ‐の

[1] 地名「甲斐(かひ)」にかかる。語義・かかりかた未詳。
※万葉(8C後)三・三一九「奈麻余美乃(ナマヨミノ) 甲斐の国 うち寄する 駿河の国と」
[2] 〘連語〙 転じて、枕詞ふうな修飾語として「腕(かひな)」や「かひなし」にかかる。
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉三「悔めど泣ど奈麻与美(ナマヨミ)の、腕(かひな)も肩も嫌なく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android