なよびか(読み)ナヨビカ

デジタル大辞泉の解説

なよび‐か

[形動ナリ]
手ざわりや肌ざわりがしなやかであるさま。なよやか。
「白き御衣どもの―なるに」〈・総角〉
人柄などが、上品でやさしいさま。
「―に女しと見れば、あまり情にひきこめられて」〈帚木
なまめかしいさま。
「まめだち給ひけるほど、―にをかしきことはなくて」〈・帚木〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なよびか

( 形動 ) [文] ナリ 
(紙や衣服などが)しなやかなさま。やわらか。 「同じくひき結びたる糸のさまも-になまめかしくぞしたる/源氏 梅枝
(人柄・態度などが)やさしく穏やかなさま。優美なさま。ものやわらか。 「あゆむ姿はいと軽く、-に、こめかしく/浴泉記 喜美子」 「内の御心いとをかしう-におはしまし/栄花 根合
なまめかしく艶っぽいさま。風流なさま。 「いといたく世をはばかり、まめだち給ひけるほど-にをかしきことはなくて/源氏 帚木

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

なよび‐か

〘形動〙 (「か」は接尾語)
① 手ざわり、肌ざわりなどが柔らかなさま。着物などのなよやかなさま。
源氏(1001‐14頃)総角「白き御衣どものなよびかなるに」
② 人がらなどが、もの柔らかであるさま。
※源氏(1001‐14頃)真木柱「なよびかになさけなさけしき心うちまじりたる人こそ」
③ たおやかで上品なさま。優美なさま。風雅であるさま。
※源氏(1001‐14頃)胡蝶「人のありさまをも見知り給ふままに、いとさまようなよびかに、けさうなども心してもてつけ給へれば」
④ 好色めいているさま。色好みであるさま。
※源氏(1001‐14頃)帚木「まめだち給ひけるほど、なよびかにをかしきことはなくて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android