コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

なよびか ナヨビカ

デジタル大辞泉の解説

なよび‐か

[形動ナリ]
手ざわりや肌ざわりがしなやかであるさま。なよやか。
「白き御衣どもの―なるに」〈・総角〉
人柄などが、上品でやさしいさま。
「―に女しと見れば、あまり情にひきこめられて」〈帚木
なまめかしいさま。
「まめだち給ひけるほど、―にをかしきことはなくて」〈・帚木〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なよびか

( 形動 ) [文] ナリ 
(紙や衣服などが)しなやかなさま。やわらか。 「同じくひき結びたる糸のさまも-になまめかしくぞしたる/源氏 梅枝
(人柄・態度などが)やさしく穏やかなさま。優美なさま。ものやわらか。 「あゆむ姿はいと軽く、-に、こめかしく/浴泉記 喜美子」 「内の御心いとをかしう-におはしまし/栄花 根合
なまめかしく艶っぽいさま。風流なさま。 「いといたく世をはばかり、まめだち給ひけるほど-にをかしきことはなくて/源氏 帚木

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

なよびかの関連キーワード源氏

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android