コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のよ ノヨ

デジタル大辞泉の解説

の‐よ

[連語]《終助詞「の」+間投助詞「よ」。多く女性が使う》
断定をやわらげた言い方。「そうなのよ」「それは優しい方ですのよ
疑問表現の中で、相手を非難する気持ちを表す。「それがどうだっていうのよ」「だからどうしたのよ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のよ

( 連語 )
〔終助詞「の」に終助詞「よ」の付いたもの〕
強く断定したり言い聞かせたりする気持ちで念を押す意を表す。 「今度の誕生日がくると、二〇歳になる-」 「夜になると、ここはとても静かな-」
疑問の意を表す語と呼応して、相手をなじる気持ちを添える。 「百円ぐらいのことで、何な-」 「今時分、どこへ行こうという-」 〔現代語では、主として女性語として用いられる〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のよの関連キーワードApple標準キーボード足元へも寄り付けない生まれぬ先の襁褓定め海も見えぬに船用意人は見目よりただ心辰巳芸者・辰巳藝者こうして踊ろうよ博多万能ねぎ商いは牛の涎合馬たけのこ県門の三才女上がりたる世心が引かれるスーパーカー久保田昭人世を尽くす切られ与三お富与三郎アンチミテ望みを託す

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

のよの関連情報