コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のろま人形 のろまにんぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

のろま人形
のろまにんぎょう

近世の道化人形劇の一種。延宝~元禄 (1673~1704) 頃,人形浄瑠璃の間狂言 (あいきょうげん) として行われ,野呂松勘兵衛,のろま次兵衛らの名手が知られる。正徳5 (15) 年近松門左衛門作『国性爺合戦』の成功以後,間狂言が廃止され,のろま人形も衰退。現在,新潟県佐渡に説経人形の間狂言として伝わる。木之助,お花,下の長,仏師の4つの人形で構成される,せりふだけの喜劇。『そば畑』『生き地蔵』などの演目がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

のろま人形の関連キーワード佐渡の人形芝居(文弥人形、説経人形、のろま人形)曽呂間人形・曾呂間人形鈍間・野呂松・野呂間人形(にんぎょう)新潟県佐渡市曽呂間人形大屋裏住間の狂言鈍間色首人形

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android