のんこ(読み)ノンコ

大辞林 第三版の解説

のんこ

のらくらすること。また、その人。道楽者。遊び人。放蕩者ほうとうもの。 「煙草一服致そうかと、腰打ちかくるも-らし/浄瑠璃・油地獄
「のんこ髷わげ」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

のん‐こ

〘名〙
のらくらすること。また、その人。のら者。道楽者。放蕩者。だて者。のら。
浄瑠璃・女殺油地獄(1721)上「煙草一服致(いた)さうかと、腰打掛るものんこらし」
② 「のんこわげ(━髷)」の略。
※浄瑠璃・心中天の網島(1720)上「其見物の中に、のんこに髪結ふてのららしい、伊達衆自慢と云ひそな男」

のんこ

〘名〙 =のんこう
洒落本・文選臥坐(1790)東北の雲談「和物では藤四郎の楽で朝四郎、のんこ、左楽なんぞはちがった物サ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

台風一過

台風が通り過ぎたあと、空が晴れ渡りよい天気になること。転じて、騒動が収まり、晴れ晴れとすること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android