のんこ髷(読み)ノンコマゲ

大辞林 第三版の解説

のんこわげ【のんこ髷】

江戸時代の髪形の一。元禄(1688~1704)から享保年間(1716~1736)にかけて流行。両鬢りようびんを細く狭く残し、まげを高くするもの。若い男女の間に行われた、伊達だてな風俗であった。のんこまげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android