コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のんこ髷 ノンコマゲ

デジタル大辞泉の解説

のんこ‐まげ【のんこ×髷】

江戸時代、元禄享保(1688~1736)ごろに流行した髪形。両鬢(りょうびん)を細く狭くとり、髷を高く結ったもの。男女の伊達者が好んだ。のんこわげ。

のんこ‐わげ【のんこ×髷】

のんこまげ」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

のんこわげ【のんこ髷】

江戸時代の髪形の一。元禄(1688~1704)から享保年間(1716~1736)にかけて流行。両鬢りようびんを細く狭く残し、まげを高くするもの。若い男女の間に行われた、伊達だてな風俗であった。のんこまげ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

のんこ髷の関連キーワード江戸時代伊達風俗

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android