コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

のんこう ノンコウ

百科事典マイペディアの解説

のんこう

京都の楽家3世とされる江戸初期の陶工。名は吉兵衛。剃髪(ていはつ)して道入と称した。のんこうは俗称。独特の朱釉や幕釉など楽焼の釉技を始めた。〈枡〉〈千鳥〉〈稲妻〉〈獅子〉〈鳳林〉〈若山〉〈鵺(ぬえ)〉の銘のある〈のんこう七種〉と呼ばれる茶碗が代表作。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

のんこう
のんこう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内ののんこうの言及

【道入】より

…名は吉兵衛。通称の〈のんこう〉でよく知られ,長次郎,常慶らのいわゆる古楽の作行きから脱し,楽茶碗に新風を加えたことにより,楽家歴代中の名工とされている。作品は黒楽,赤楽の茶碗を主に,香合や焙烙(ほうろく)などもある。…

※「のんこう」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone