コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

はきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はきもの

履物とも書く。歩行などに際して足部を保護したり装飾したりするため,足にはくものの総称。和風と洋風に大別できる。和風のはきものには,下駄草履,わらじ,足駄雪駄かんじき,わらぐつなどがあり,洋風のはきものには,スリッパサンダル,短,長靴 (ブーツ) などがある。はきものには,下やサンダルに代表される開放型 (裸甲はきもの) と,靴に代表される閉鎖型 (被甲はきもの) があり,開放型は温帯・熱帯系に,閉鎖型は寒帯系に多くみられる。日本のはきものは,開放型が長く庶民間に踏襲されたのに対し,大陸文化移入後の上層社会では,閉鎖型のはきものが用いられ,生活の近代化とともに次第に洋風のはきものに変っていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

はきものの関連キーワード東京都台東区花川戸広島県福山市松永町W.D. ミルズ足下・足元・足許【かんじき】スニーカー地下足袋雑貨工業チョピンモカシン日和下駄田下駄下足番乗り沓下駄箱神隠し花川戸和裁松永杖履

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はきものの関連情報