はきもの

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

はきもの

履物とも書く。歩行などに際して足部を保護したり装飾したりするため,足にはくものの総称。和風と洋風に大別できる。和風のはきものには,下駄草履,わらじ,足駄雪駄かんじき,わらぐつなどがあり,洋風のはきものには,スリッパサンダル,短,長靴 (ブーツ) などがある。はきものには,下やサンダルに代表される開放型 (裸甲はきもの) と,靴に代表される閉鎖型 (被甲はきもの) があり,開放型は温帯・熱帯系に,閉鎖型は寒帯系に多くみられる。日本のはきものは,開放型が長く庶民間に踏襲されたのに対し,大陸文化移入後の上層社会では,閉鎖型のはきものが用いられ,生活の近代化とともに次第に洋風のはきものに変っていった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はきものの関連情報