コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長靴 チョウカ

デジタル大辞泉の解説

ちょう‐か〔チヤウクワ〕【長靴】

皮革製の長ぐつ。軍隊で、乗馬の際や防寒のために用いられた。

なが‐ぐつ【長靴】

ゴムや革で作った、ひざ下まである長い雨雪・水作業・乗馬などに使用する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ながぐつ【長靴】

革またはゴムなどで作ったひざのあたりまで届く深い靴。古くから日本では,黒革製で筒が長く,雨天のときに公家が履いた深沓(ふかぐつ)や,積雪量の多い地方を中心に広く用いられたわらぐつ(藁沓)などがあったが,近代的な長靴は明治初年に乗馬用の革製のものが作られ,軍人や警察官が使ったのが最初で〈ちょうか〉と呼ばれた。ゴム製の長靴は,1905年にアメリカから輸入されたのが最初で,3年後の08年に東京の三田土ゴム合名会社が輸入品に刺激されて試作したが,これはまったくの試作に終わった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうか【長靴】

革製のながぐつ。ふくらはぎの上まであるものをいうのが普通。旧軍隊用語。

ながぐつ【長靴】

ゴムまたは革製の、ひざの下あたりまでおおう深い靴。雨のときや乗馬などに使用する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の長靴の言及

【長靴】より

…革またはゴムなどで作ったひざのあたりまで届く深い靴。古くから日本では,黒革製で筒が長く,雨天のときに公家が履いた深沓(ふかぐつ)や,積雪量の多い地方を中心に広く用いられたわらぐつ(藁沓)などがあったが,近代的な長靴は明治初年に乗馬用の革製のものが作られ,軍人や警察官が使ったのが最初で〈ちょうか〉と呼ばれた。ゴム製の長靴は,1905年にアメリカから輸入されたのが最初で,3年後の08年に東京の三田土ゴム合名会社が輸入品に刺激されて試作したが,これはまったくの試作に終わった。…

【長靴をはいた猫】より

…ペローはこれらの作品から採り入れたものと思われる。猫に長靴をはかせたのと,猫が城の人食い鬼をだまして鼠に変身させて食べるところはペローが加えたものと考えられている。現在ではこの話は全ヨーロッパで知られているが,いずれもペローの作品によるものである。…

※「長靴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

長靴の関連キーワードレッジョディカラブリアパンティストッキング編み上げ靴・編上げ靴雪ぐつ(雪靴∥雪沓)カラブリア[古代]ウエスタンブーツオーバーシューズタマノカンアオイカラブリア[州]ジョッパーブーツリンドグレーンジョッパーズばしゃばしゃストッキング長靴ホッケーラバーブーツブルトイユ城イタリア半島シームレスふくらはぎ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長靴の関連情報