コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ばんえい競走 ばんえいきょうそう

1件 の用語解説(ばんえい競走の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

ばんえい競走

競走馬がソリを曳きながら力や速さなどを争う競馬の競走のこと。体重約800~1200キロ前後の「ばんえい馬」「ばん馬」と呼ばれる重種馬が出走する。1946年、ばんえい競走として公式競技に認定された。49年からは北海道営競馬により旭川と帯広で開始され、55年には旭川市・岩見沢市・帯広市・北見市による「市営競馬」が発足。70年以降は、市営競馬がばんえい競走を運営する形態となった。しかし長年の累積赤字が増大して廃止間際にまで追い込まれ、2007年に「オッズパーク・ばんえい・マネジメント株式会社」が開催業務の一部運営を行うことになり、同年度以降は「ばんえい十勝」の名称で、帯広市のみの開催となった。以降も経営難が続いていたが、13年度の勝馬投票券(馬券)売上げは、ナイター開催の日数増や、ばんえい競馬が登場するマンガ「銀の匙」の影響などにより、過去最高の116億6000万円を記録した。

(2014-6-3)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばんえい競走の関連キーワード競走馬競走馬保険そそり節無鉛ガソリンガソリン車金棒引き海鼠曳きホワイトガソリン加鉛ガソリンリレー競走

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone