そり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

そり
そり / 橇

地上を滑走させて人、物を運ぶ運搬具。人が足に履き滑ってゆくスキーのような滑走履き物類と、人または物をのせて滑らせる運搬具に大きく分けられる。そりの起源はきわめて古く、北欧で後期旧石器時代の遺跡からその断片が発掘されている。そりは車の発明以前にはもっとも重要な運搬具で、古代エジプトではそりのための道路もつくられた。車の発明と普及によって、多くの地域でそりは使われなくなったが、極地方や寒冷地の積雪地帯、沼沢(しょうたく)地帯などでは、車より有効なので、いまなお盛んに使用されている。
 そりを引くのは人または家畜である。人力で引くそりは、極北の狩猟民の間で冬期の狩猟活動に使われている。形は民族、地域によってさまざまであるが、一般に小型、軽量で、腰に紐(ひも)をつけて引くか、引き棒を持って引き、狩猟道具や獲物を運ぶ。そりを引く家畜には犬、トナカイ、馬、牛などがいる。犬ぞりは長い歴史をもち、分布域も大きかったが、現在も盛んに用いる民族は北アメリカのエスキモーおよびイヌイット、東シベリアのチュクチとコリヤークの一部、サハリン(樺太(からふと))、アムール地方のニブヒ(ギリヤーク)など、漁労、海獣狩猟を主生業とする人々だけである。というのは犬の飼育には大量の餌(えさ)が必要なためで、ユーラシア大陸ではトナカイ飼育の普及によりトナカイぞりが主流となってしまった。犬ぞりの形も、地域、民族によってさまざまであるが、一般的に、滑り木は2本、滑り木に立てられた支柱に台がのる。つなぐ犬は数頭から十数頭で、大平原を疾駆するときには、扇状に、方向を重視するときには縦列につなぐ。トナカイぞりはトナカイを飼育するシベリアの諸民族とスカンジナビアのサーミの主要な交通手段である。形は、東シベリアのチュクチ、コリヤークの肋骨(ろっこつ)状構造型、エベンキ、サハ(ヤクート)の直立支柱型、西シベリアのサモエード諸民族の傾斜支柱型、サーミのボート型の四つに大別できる。トナカイを1頭から2頭つないで引かせるのが普通であるが、サモエードでは7頭までつなぐことがある。馬や牛に引かせるそりはサハのほか、東部、北部ヨーロッパで冬期の積雪時に盛んに使われた(ロシアのトロイカなど)。先進地域では雪上車、スノーモビル類の普及で伝統的なそりは廃れたが(サーミのボート型のそりは現在まったく使われていない)、それでも、動力車の補助として、また観光客用に盛んに使われる地方も多い。[佐々木史郎]

日本のそり

日本の滑走履き物類は、スキーの伝来以前において、スキーと同様な役割を果たすものであった。秋田県仙北(せんぼく)市角館(かくのだて)町の「やまぞり」、長野県下伊那(しもいな)郡神原村(現天竜村)の「いたぞり」などが好例としてあげられる。「やまぞり」は長さ40センチメートル、幅10センチメートル、厚さ2センチメートルほどの木沓(きぐつ)状で、先端を反り曲げてある。大人が硬雪の傾斜面を滑走するときに用いたが、杖(つえ)は併用しない。「いたぞり」は全長1メートルほどの、スキー状のものだが、一片に両足をのせて滑ってゆく。もっぱら子供が用いるが、これも杖は使わない。滑走運搬具は、氷雪上を滑走する「ゆきぞり」、泥土上を曳行(えいこう)する「どそり」、丸太を敷き並べた木馬道(きうまみち)を滑降する「きぞり」(木馬)の3種に分けられる。これらは滑走板が2本あるものが大半だが、1本しかないものもみられる。新潟県南西部の山間部で使用される「いっぽんぞり」がそれであり、積み荷受けを兼ねた腕木を滑走板の上に取り付けたもので、狭い雪の山道でも、自由に滑降できる。滑走運搬具は人力によるものだけでなく、畜力を利用するものも多く、日本では馬の使用が多い。[胡桃沢勘司]
『礒貝勇著『日本の民具』(1985・岩崎美術社) ▽宮本馨太郎著『民具入門』(1990・慶友社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

そり
sled; sleigh

雪上あるいは氷上で,イヌやウマなどに引かせる乗り物。前身はトラボイサイドカーと呼ばれる荷物用そりであり,人間が使った初めての乗り物と考えられている。そりの本体は,ランナーと呼ばれるまっすぐで細長い滑り材の上に取り付けられる。一般的にそりが用いられるのは,車輪のついた乗り物(→)では前に進みづらい,あるいは動きがとれなくなるような場所である。ラップランドや,アラスカ,カナダ,アジアのツンドラなどで使われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

そりの関連情報