コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとめぼれ ヒトメボレ

デジタル大辞泉の解説

ひとめぼれ

稲の一品種。平成3年(1991)宮城県作出食味がすぐれ、寒冷地以外でもよく育つ。東北143号。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ひとめぼれ

米の品種のひとつ。宮城県古川農業試験場で「コシヒカリ」「初星」の交配により作出。1991年命名。東北143号。耐冷性に優れ、色つや、食味がよい。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

ひとめぼれの関連キーワード美里(町)(宮城県)相次ぐ食品不正表示宮城県産ひとめぼれ古川(宮城県)ちゅらひかりたかたのゆめ鹿島台[町]宮城県登米市八重山請福いわてっここしいぶきゆめみづほななつぼしまなむすめ大崎(市)めんこいなふさおとめてんたかく夢しずく宮谷千尋

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとめぼれの関連情報