ひとりぼっち

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりぼっち

盤上のひとりあそびゲーム。フランスのバスティーユ牢獄にとらえられていた貴族が発明したという伝説があり,原名ソリテールsolitaireは〈孤独な人〉の意。英語ではトランプのひとりあそびも含める。ボールを盤のくぼみに置くものや,ペグ(木くぎ)を盤の穴にさすものなどデザインは多彩で,イギリスでは19世紀以降普及し,日本でもコーナー・ゲーム,ピアスなどの商品名で知られた。ルールは,盤上の3列の十文字の33個のくぼみ(穴)に中央を空けて32個のボール(ペグ)を配置し,1個のボールを他の1個のボールをとび越して動かし,とび越されたボールを盤上からとり除く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとりぼっちの関連情報