コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとりぼっち

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりぼっち

盤上のひとりあそびゲーム。フランスのバスティーユ牢獄にとらえられていた貴族が発明したという伝説があり,原名ソリテールsolitaireは〈孤独な人〉の意。英語ではトランプのひとりあそびも含める。ボールを盤のくぼみに置くものや,ペグ(木くぎ)を盤の穴にさすものなどデザインは多彩で,イギリスでは19世紀以降普及し,日本でもコーナー・ゲーム,ピアスなどの商品名で知られた。ルールは,盤上の3列の十文字の33個のくぼみ(穴)に中央を空けて32個のボール(ペグ)を配置し,1個のボールを他の1個のボールをとび越して動かし,とび越されたボールを盤上からとり除く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ひとりぼっちの関連キーワード乎・個・古・呼・固・壺・姑・孤・己・庫・弧・戸・扈・故・枯・沽・湖・狐・糊・股・胡・虎・虚・蠱・袴・誇・錮・雇・顧・鼓トラウマ(心的外傷)を受けた子どもの反応エドワード アーディゾニークリスティーヌ・ド・ピザンフィリップ ヴェヒターバーナディット ワッツぐるんぱのようちえんマリリン ハセットモニカ ヴィッテイオン・マイ・オウン単孤・単己・単居ロンサムジョージアーディゾーニアントニオーニアラン ドロン淋しい・寂しい高見沢 潤子タウンゼンド三東ルシア石原裕次郎

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとりぼっちの関連情報