コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひとりぼっち

1件 の用語解説(ひとりぼっちの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりぼっち

盤上のひとりあそびゲームフランスバスティーユ牢獄にとらえられていた貴族が発明したという伝説があり,原名ソリテールsolitaireは〈孤独な人〉の意。英語ではトランプのひとりあそびも含める。ボールを盤のくぼみに置くものや,ペグ(木くぎ)を盤の穴にさすものなどデザインは多彩で,イギリスでは19世紀以降普及し,日本でもコーナー・ゲーム,ピアスなどの商品名で知られた。ルールは,盤上の3列の十文字の33個のくぼみ(穴)に中央を空けて32個のボール(ペグ)を配置し,1個のボールを他の1個のボールをとび越して動かし,とび越されたボールを盤上からとり除く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ひとりぼっちの関連キーワード子供の遊びボードゲームゲームボーイミクロホームゲームラブゲームウオーゲームゲーマーTVゲームパトリオット・ゲームゲームボーイアドバンスSP

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひとりぼっちの関連情報