ひとりぼっち

世界大百科事典 第2版の解説

ひとりぼっち

盤上のひとりあそびゲーム。フランスのバスティーユ牢獄にとらえられていた貴族が発明したという伝説があり,原名ソリテールsolitaireは〈孤独な人〉の意。英語ではトランプのひとりあそびも含める。ボールを盤のくぼみに置くものや,ペグ(木くぎ)を盤の穴にさすものなどデザインは多彩で,イギリスでは19世紀以降普及し,日本でもコーナー・ゲーム,ピアスなどの商品名で知られた。ルールは,盤上の3列の十文字の33個のくぼみ(穴)に中央を空けて32個のボール(ペグ)を配置し,1個のボールを他の1個のボールをとび越して動かし,とび越されたボールを盤上からとり除く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひとりぼっちの関連情報