コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤実 エンドウミノル

4件 の用語解説(遠藤実の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

えんどう‐みのる〔ヱンドウ‐〕【遠藤実】

[1932~2008]作曲家。東京の生まれ。演歌師をしながら独学で作曲を学ぶ。創作活動のほか、レコード会社の創業など音楽文化の振興と普及活動に取り組んだ。日本音楽著作権協会会長。没後、国民栄誉賞受賞。代表作「高校三年生」「せんせい」「北国の春」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遠藤実【えんどうみのる】

戦後歌謡界で数々のヒット作を出した作曲家。東京都墨田区向島生まれる。演歌を得意とし作曲数は5000を上回る。代表作に《からたち日記》(島倉千代子),《高校三年生》(舟木一夫),《星影のワルツ》(千昌夫),《北国の春》(同)などがある。
→関連項目国民栄誉賞

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤実 えんどう-みのる

1932-2008 昭和後期-平成時代の作曲家。
昭和7年7月6日生まれ。昭和24年疎開先の新潟から上京,流しの演歌師をしながら作曲。32年「お月さん今晩は」のヒットでみとめられる。「高校三年生」「星影のワルツ」「北国の春」「夢追い酒」など数々のヒット曲を生む。43年ミノルフォン社長。平成7年日本音楽著作権協会(JASRAC)会長。15年文化功労者。平成20年12月6日死去。76歳。没後国民栄誉賞。東京出身。

遠藤実 えんどう-まこと

1933- 昭和後期-平成時代の薬理学者,生物物理学者。
昭和8年1月3日生まれ。メイヨー医科大客員研究員などをへて,昭和49年東北大教授。57年東大教授。平成6年埼玉医大教授,9年同大副学長。15年「筋細胞におけるカルシウムイオン動員機構に関する研究」で学士院賞。兵庫県出身。東大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

遠藤実の関連キーワード藤原雄江口週小野木朝子木戸蓊佐野ぬい二宮宏之服部ケイ百瀬宏山田信夫(2)脇村春夫

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠藤実の関連情報