コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口洋子 ヤマグチヨウコ

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐ようこ〔‐ヤウこ〕【山口洋子】

[1937~2014 ]作詞家・小説家。愛知の生まれ。クラブを経営するかたわら歌謡曲の作詞を手がけ、演歌を中心に多くのヒット曲を生み出す。小説では、女性の生き方に鋭く切り込んだ巧妙な作風で知られる。「演歌の虫」「老梅」で直木賞受賞。他に「情人(アマン)」「貢ぐ女」「プライベート・ライブ」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山口洋子【やまぐちようこ】

作詞家,作家。名古屋市出身。京都女子高等学校中退。1957年東映ニューフェイス4期生。女優として芽が出ず,銀座でクラブを開店,成功する。1960年代後半から作詞活動を始め,《噂の女》(猪俣公章作曲),《よこはま・たそがれ》(平尾昌晃作曲)などのヒット作を連発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口洋子 やまぐち-ようこ

1937-2014 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和12年5月10日生まれ。昭和32年銀座にクラブ「姫」を開店,かたわら作詞をはじめ,46年五木ひろしの「よこはま・たそがれ」が大ヒット,48年には「夜空」で日本レコード大賞を受賞。55年ごろから小説をかきはじめ,「情人(アマン)」を発表,60年「演歌の虫」「老梅」で直木賞。平成26年9月6日死去。77歳。愛知県出身。京都女子高中退。作品はほかに作詞「ふるさと」,著作「プライベート・ライブ」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口洋子の関連キーワード長崎から船に乗ってプライベートライブ一度だけなら5月10日あなたの灯アメリカ橋愛の始発北の旅人千曲川みれん昭和うそ山口

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山口洋子の関連情報