コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山口洋子 ヤマグチヨウコ

3件 の用語解説(山口洋子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまぐち‐ようこ〔‐ヤウこ〕【山口洋子】

[1937~2014 ]作詞家・小説家。愛知の生まれ。クラブを経営するかたわら歌謡曲の作詞を手がけ、演歌を中心に多くのヒット曲を生み出す。小説では、女性の生き方に鋭く切り込んだ巧妙な作風で知られる。「演歌の虫」「老梅」で直木賞受賞。他に「情人(アマン)」「貢ぐ女」「プライベートライブ」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

山口洋子【やまぐちようこ】

作詞家,作家。名古屋市出身。京都女子高等学校中退。1957年東映ニューフェイス4期生。女優として芽が出ず,銀座でクラブを開店,成功する。1960年代後半から作詞活動を始め,《噂の女》(猪俣公章作曲),《よこはま・たそがれ》(平尾昌晃作曲)などのヒット作を連発した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山口洋子 やまぐち-ようこ

1937-2014 昭和後期-平成時代の作詞家,小説家。
昭和12年5月10日生まれ。昭和32年銀座にクラブ「姫」を開店,かたわら作詞をはじめ,46年五木ひろしの「よこはま・たそがれ」が大ヒット,48年には「夜空」で日本レコード大賞を受賞。55年ごろから小説をかきはじめ,「情人(アマン)」を発表,60年「演歌の虫」「老梅」で直木賞。平成26年9月6日死去。77歳。愛知県出身。京都女子高中退。作品はほかに作詞「ふるさと」,著作「プライベート・ライブ」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山口洋子の関連キーワード登録記念物中国映画田爪愛里あゆみくりかまきHAPPY日活(株)緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

山口洋子の関連情報