コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひびとあかぎれ ひびとあかぎれ

1件 の用語解説(ひびとあかぎれの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ひびとあかぎれ

 手指の腹、手のひら、足の裏などの角質(かくしつ)の厚い皮膚に生じる亀裂(きれつ)(裂け目)をひびといい、裂け目が深く、赤い内部が見えたり、出血したりするものをあかぎれといいます。どちらも冬のしもやけの代表的な症状ですが、最近では、典型的なしもやけの患者さんは少なくなりました。
 ひびやあかぎれは、しもやけだけが原因ではなく、種々の洗剤や洗髪剤などで慢性的な刺激を受ける女性、美容師、調理師などで手湿疹(てしっしん)(「手・指皮膚炎(手湿疹/主婦湿疹)」)のできた人にもよくみられます。
 また、足の裏によくできるひびとあかぎれは、皮膚の老化やみずむしが原因です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

ひびとあかぎれの関連キーワード魚の目汗疱手指手の裏手の腹指の腹掌底手の平手の平を返す過角化

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone