コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひやま

世界大百科事典 第2版の解説

ひやま

民俗芸能。山形県飽海(あくみ)郡遊佐町杉沢に伝えられる番楽(ばんがく)(山伏神楽)で,ひやま番楽とも杉沢比山とも称する。国指定重要無形民俗文化財。東北地方に伝わる山伏系の神楽番楽の一種であるが,演者は早くから杉沢集落の男性とされた。古くは若者組入りすると素面の《三番叟》,早舞(はやまい)の《景政》から習いはじめ,《翁》《鳥舞》《みかぐら》《大江山》《曾我》《信夫(しのぶ)》などの曲に進む。現在14曲を伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ひやまの関連キーワード北海道檜山郡厚沢部町北海道檜山郡上ノ国町北海道檜山郡江差町渡島総合振興局上ノ国(町)渡島(支庁)厚沢部(町)せたな(町)五厘沢温泉後志利別川奥尻(町)乙部(町)今金(町)能代[市]コロナド鉱阿武隈高地広島県呉市江差(町)遊佐(町)倉橋〈町〉

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひやまの関連情報