コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ひやま

1件 の用語解説(ひやまの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひやま

民俗芸能。山形県飽海(あくみ)郡遊佐町杉沢に伝えられる番楽(ばんがく)(山伏神楽)で,ひやま番楽とも杉沢比山とも称する。国指定重要無形民俗文化財東北地方に伝わる山伏系の神楽番楽の一種であるが,演者は早くから杉沢集落の男性とされた。古くは若者組入りすると素面の《三番叟》,早舞(はやまい)の《景政》から習いはじめ,《翁》《鳥舞》《みかぐら》《大江山》《曾我》《信夫(しのぶ)》などの曲に進む。現在14曲を伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ひやまの関連キーワード大物忌神社鳥海民俗芸能羽後女舞郷土芸能古典芸能杉勇東北泉本田安次

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ひやまの関連情報