コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番楽 バンガク

デジタル大辞泉の解説

ばん‐がく【番楽】

秋田・山形両県に分布する山伏神楽。多くは盆から秋にかけて行われ、能の古態を残しているといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ばんがく【番楽】

民俗芸能。東北地方に伝承する山伏神楽で,番楽は秋田,山形での名称。また神楽舞の種類名。東北地方の神楽は,山伏の一団が権現(ごんげん)様と呼ぶ獅子頭神座として奉じ,霜月や正月に檀家をまわって火伏せ悪魔払いなどの祈禱をした。終わってから民家の座敷などで中世の面影を残す一種の能や舞を演じたが,それらの曲のうち武者を主人公とした勇壮な曲を番楽の名で総称した。激しい動きを特色とし,《信夫(しのぶ)》《鈴木》《曾我》《鞍馬》《八島》《橋弁慶》《大江山》《羅生門》などの曲がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ばんがく【番楽】

秋田・山形両県で行われる山伏神楽。旧暦11月や正月などに行われ、能の古い形をとどめる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

番楽
ばんがく

山伏神楽(やまぶしかぐら)のうち、日本海側の秋田・山形県に分布するものをこの名でよぶ。単に獅子舞(ししまい)ともいうが、江戸時代には舞曲(あそび)とも称していた。番楽は『曽我(そが)物語』や『平家物語』に取材した荒々しくテンポの速い武士舞を特色とし、これら武士舞を一般に番楽舞ともいうところに名称の由来があるといわれる。番楽は修験道(しゅげんどう)信仰に伴う芸能であるだけに、鳥海(ちょうかい)山、太平(たいへい)山、神室(かむろ)山などを取り巻く山麓(さんろく)の村々に集中した分布がみられる。諸曲の構成は獅子舞を別格とし、式舞、神舞(かみまい)、番楽舞、女舞、道化(どうけ)舞に分類できる。神社、宿、公民館などを舞台とし、正面奥に幕を張っただけの狭い空間で演じる。囃子(はやし)は太鼓、笛、銅拍子(どうびょうし)の3種。これに拍子木(ひょうしぎ)の加わる所もある。曲趣は神楽というよりはむしろ能に近く、曲によっては大成前の能の古態をとどめているものがあるといわれる。[高山 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の番楽の言及

【ひやま】より

…民俗芸能。山形県飽海(あくみ)郡遊佐町杉沢に伝えられる番楽(ばんがく)(山伏神楽)で,ひやま番楽とも杉沢比山とも称する。国指定重要無形民俗文化財。…

【民俗芸能】より

…長年全国を踏査して多くの研究成果をあげた本田安次(1906‐ )は,これを整理して次のような種目分類を行った。 (1)神楽 (a)巫女(みこ)神楽,(b)出雲流神楽,(c)伊勢流神楽,(d)獅子神楽(山伏神楽番楽(ばんがく),太神楽(だいかぐら)),(2)田楽 (a)予祝の田遊(田植踊),(b)御田植神事(田舞・田楽躍),(3)風流(ふりゆう) (a)念仏踊(踊念仏),(b)盆踊,(c)太鼓踊,(d)羯鼓(かつこ)獅子舞,(e)小歌踊,(f)綾踊,(g)つくりもの風流,(h)仮装風流,(i)練り風流,(4)祝福芸 (a)来訪神,(b)千秋万歳(せんずまんざい),(c)語り物(幸若舞(こうわかまい)・題目立(だいもくたて)),(5)外来脈 (a)伎楽・獅子舞,(b)舞楽,(c)延年,(d)二十五菩薩来迎会,(e)鬼舞・仏舞,(f)散楽(さんがく)(猿楽),(g)能・狂言,(h)人形芝居,(i)歌舞伎(《図録日本の芸能》所収)。 以上,日本の民俗芸能を網羅・通観しての適切な分類だが,ここではこれを基本に踏まえながら,多少の整理を加えつつ歴史的な解説を行ってみる。…

【山伏神楽】より

…東北地方に山伏が伝えた神楽。同系の神楽を日本海岸の秋田・山形では番楽(ばんがく),青森では能舞(のうまい),宮城では法印神楽(ほういんかぐら)などとも呼ぶ。古くは山伏の一団が農閑期や正月に,権現(ごんげん)様と呼ぶ獅子頭を神座として奉じ,檀家の家々をまわって火伏せや悪魔祓いの祈禱をした。…

※「番楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

番楽の関連キーワード北秋田市阿仁郷土文化保存伝承館大木よね闘争宣言由利本荘(市)山本(秋田県)本海獅子舞番楽能郷の能・狂言北秋田(市)神楽(歌舞)羽後(町)世界の記憶本田 安次横手(市)丸高愛実仁賀保ひやま権現舞由利羽後返閇矢島

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番楽の関連情報