コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

銅拍子 ドウビョウシ

デジタル大辞泉の解説

どう‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【銅拍子】

どびょうし(銅拍子)

ど‐びょうし〔‐ビヤウシ〕【銅拍子/土拍子】

打楽器の一。中央が椀状に突起した青銅製の円盤2個を両手に持って打ち合わせるもの。仏教儀式では鐃鈸(にょうはち)、田楽では土拍子、神楽などでは手平金(てびらがね)、歌舞伎下座音楽ではチャッパなどとよばれる。銅鈸子(どうばつし)。どうびょうし。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

銅拍子【どうびょうし】

日本伝統音楽の打楽器【ばつ】(どうばつ),どびょうし,土拍子,どうばっし,手平金(てびらがね)とも。中央にふくらみのある銅,青銅,鉄などの円板を両手に一つずつ持ち,打ち合わせて音を出す。シンバル同系。古代・中世の芸能や,民俗芸能で広く用いられる。芸術音楽では下座(げざ)音楽のみに用いられ,チャッパと呼ばれる。仏教で用いられる大型のものを鐃【ばち】(にょうばち)ということもある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうびょうし【銅拍子】

打楽器の一。銅鈸どうばちの小形のもの。直径数センチメートルから20センチメートル 内外で、古くは伎楽・散楽・田楽などの芸能に、現在は民俗芸能などで用いられる。銅鈸子。土拍子どびようし

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の銅拍子の言及

【銅鈸】より

… 日本には奈良時代にすでに伝来しており,この当時は雅楽にも用いられていた。平安時代以後〈銅拍子〉の名が生じ,〈どうびょうし〉〈どびょうし〉などとよみ,〈土拍子〉と書くようにもなった。雅楽では,現在では舞楽のときに舞具として小型の銅拍子を使用する(《迦陵頻(かりようびん)》)。…

※「銅拍子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

銅拍子の関連キーワード銅拍子・土拍子田楽(芸能)壬生の花田植囃田・囃子田座す・坐す早池峰神楽山伏神楽銅拍子口体鳴楽器えんぶり南部神楽田植踊綾子舞地神経巫女舞静御前里神楽迦陵頻銅鈸内外

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android