コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ふらんす物語 ふらんすものがたり

大辞林 第三版の解説

ふらんすものがたり【ふらんす物語】

短編小説集。永井荷風作。1909年(明治42)博文館より刊行されたが、ただちに発売禁止にあう。「あめりか物語」につぐ、外遊体験に基づいた創作、感想類を収める。異国情緒に陶酔した享楽的気分に満ち、耽美派文学の源流をなす。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

フランスものがたり【ふらんす物語】

永井荷風の短編小説集。著者が明治40年(1907)から明治41年(1908)にかけてフランスに遊学した経験をもとにしている。明治42年(1909)の作品だが、風俗を乱すとして発禁処分となり、大正4年(1915)に世に出た。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ふらんす物語の関連キーワード入り替わり・入り代わり・入り替り・入り代り打ち交じる・打交じる打ち忘れる・打忘れる切り割る・切割る肉刺し・肉刺あめりか物語檮昧・梼昧土蛮・土蕃抜け売りふっくり電気扇小休み風付きしどろ博文館添わる歌吹海抜け裏布局醜劣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ふらんす物語の関連情報