コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べきや べきや

大辞林 第三版の解説

べきや

( 連語 ) 〔推量の助動詞「べし」の連体形「べき」に助詞「や」の付いたもの〕
〔「や」が詠嘆の終助詞の場合。「べき」は係りの助詞「ぞ」の結びとしてのもの〕 …しそうなものだなあ。…するはずだなあ。 「まことに心ばせあらむ人はわがかたにぞよる-/源氏 蜻蛉
〔「や」が疑問または反語の意を表す係助詞の場合。中世以降の用法〕 …であろうか。…してよいだろうか。 「合戦の庭に出でて、敵の強ければとて、しりぞかんにおいては、軍の勝負有る-は/保元 」 「いかがす-、されども此野は縦横にわかれてうひ〱しき旅人の道ふみたがへんあやしう侍れば/奥の細道」 〔 の「や」は、本来は終止形「べし」に付くべきもの。→べしや(連語)

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

べきやの関連キーワード靖国神社廃止の議 難きを忍んで敢て提言す(石橋湛山)建武式目条々あいな頼み召人・囚人敗衄・敗衂小西行長程らひ驚かす雍正帝でまれてんず弓立ち面無し陸地寛宥べし抜錨悪道膕筋尩弱

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べきやの関連情報