コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べきや べきや

1件 の用語解説(べきやの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

べきや

( 連語 ) 〔推量の助動詞「べし」の連体形「べき」に助詞「や」の付いたもの〕
〔「や」が詠嘆の終助詞の場合。「べき」は係りの助詞「ぞ」の結びとしてのもの〕 …しそうなものだなあ。…するはずだなあ。 「まことに心ばせあらむ人はわがかたにぞよる-/源氏 蜻蛉
〔「や」が疑問または反語の意を表す係助詞の場合。中世以降の用法〕 …であろうか。…してよいだろうか。 「合戦の庭に出でて、敵の強ければとて、しりぞかんにおいては、軍の勝負有る-は/保元 」 「いかがす-、されども此野は縦横にわかれてうひ〱しき旅人の道ふみたがへんあやしう侍れば/奥の細道」 〔の「や」は、本来は終止形「べし」に付くべきもの。→べしや(連語)

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

べきやの関連情報