コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べけむ ベケム

デジタル大辞泉の解説

べけ◦む

[連語]《推量の助動詞「べし」の未然形の古形「べけ」+推量の助動詞「む」》…に違いないだろう。…できるだろう。…がよいだろう。平安時代は漢文訓読的な文章に用いられ、「べけむや」の形で反語の意で用いられることが多い。
「何ぞ忽(たちま)ちに死ぬ―◦むやと」〈今昔・九・三一〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

べけむ

( 連語 )
〔推量の助動詞「べし」の古い未然形「べけ」に推量の助動詞「む」の付いたもの。「べけん」とも〕
「べからむ」と同様に推量の意を表す。係助詞「や」を伴い、反語に用いられることが多い。 「われ老いたる親あり。亦自ら福業あるに依つて、いまだ死に及ばず。何ぞ忽ちに死ぬ-・んや/今昔 9」 「大いさ牛をかくすとも云ふ-・ん/野ざらし紀行」 〔中古の漢文訓読文から用いられるようになった語〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報