コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べけむ ベケム

2件 の用語解説(べけむの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

べけ◦む

[連語]《推量の助動詞「べし」の未然形の古形「べけ」+推量の助動詞「む」》…に違いないだろう。…できるだろう。…がよいだろう。平安時代は漢文訓読的な文章に用いられ、「べけむや」の形で反語の意で用いられることが多い。
「何ぞ忽(たちま)ちに死ぬ―◦むやと」〈今昔・九・三一〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

べけむ

( 連語 )
〔推量の助動詞「べし」の古い未然形「べけ」に推量の助動詞「む」の付いたもの。「べけん」とも〕
「べからむ」と同様に推量の意を表す。係助詞「や」を伴い、反語に用いられることが多い。 「われ老いたる親あり。亦自ら福業あるに依つて、いまだ死に及ばず。何ぞ忽ちに死ぬ-・んや/今昔 9」 「大いさ牛をかくすとも云ふ-・ん/野ざらし紀行」 〔中古の漢文訓読文から用いられるようになった語〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

べけむの関連キーワード敢へなむ候ずせばでしょうてんずならむ垂んとすなんずませんたらむ

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone