コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

多羅 たら

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

多羅
たら

4世紀頃日本に服属した任那 (みまな) 国の一つ。現在の韓国慶尚南道陝川と推定される。6世紀には新羅に帰属した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

たら【多羅】

サンスクリット名ターラーTārāの音訳で,多羅仏母(ぶつも)ともいう。観音の光明から出現したとされ,観音部の仏母として,胎蔵曼荼羅観音院において聖観音の西に描かれる。また衆生を彼岸へ引導する菩薩と考えられ,ことにインド,チベット,中国では,後期密教の中で観音と並ぶものとして大いに信仰され,作例も多い。その形姿には胎蔵曼荼羅中の図像,すなわち中年女人の姿として表され,一面二臂(にひ)像で,肉身は青白色,合掌して蓮華座結跏趺坐(けつかふざ)し,頭部に化仏(けぶつ)の冠を戴くもののほか,各図像集等には種々な異形像が見いだされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

多羅 (タラ)

植物。モチノキ科の常緑高木,園芸植物。タラヨウの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

多羅の関連キーワードバイタラジュ(貝多羅樹)秋田県南秋田郡五城目町大乗荘厳経論玄旨帰命壇無上正等覚我が立つ杣三藐三菩提八多良拍子般若燈論弥三郎婆多羅要鈔古剣妙沢菩提心論多羅菩薩貝多羅葉七多羅樹無上正覚等正覚菩提心円覚経

多羅の関連情報