コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べったり ベッタリ

デジタル大辞泉の解説

べったり

[副]
ねばり気のある物がつくさま。「ペンキがべったり(と)手につく」
すっかりたよりきるさま。「母親にべったり(と)まつわりつく」
密接な関係にあるさま。「体制にべったりの評論家」
一面に書くさま。「細かい字がべったり(と)書いてある」
尻を落として座るさま。「べったり(と)座りこむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べったり

( 副 )
ねばりけのあるものがくっついて離れないさま。 「泥が-(と)ついている」
一面に、たっぷりとつけたりはったりしてあるさま。 「おしろいを-(と)塗る」 「 -(と)押してある消印」
二つのものがきわめて密接であるさま。 「体制-の考え方」
人にたよりきったり、まつわりついたりするさま。 「母親-の夫」
すっかり尻をつけて座るさま。 「 -と座り込む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べったりの関連情報