コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

べったり ベッタリ

デジタル大辞泉の解説

べったり

[副]
ねばり気のある物がつくさま。「ペンキがべったり(と)手につく」
すっかりたよりきるさま。「母親にべったり(と)まつわりつく」
密接な関係にあるさま。「体制にべったりの評論家」
一面に書くさま。「細かい字がべったり(と)書いてある」
尻を落として座るさま。「べったり(と)座りこむ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

べったり

( 副 )
ねばりけのあるものがくっついて離れないさま。 「泥が-(と)ついている」
一面に、たっぷりとつけたりはったりしてあるさま。 「おしろいを-(と)塗る」 「 -(と)押してある消印」
二つのものがきわめて密接であるさま。 「体制-の考え方」
人にたよりきったり、まつわりついたりするさま。 「母親-の夫」
すっかり尻をつけて座るさま。 「 -と座り込む」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

べったりの関連キーワード掛かり・懸かり・繋かり・繫かり・掛り・懸り・繋り・繫りずるずるべったり細菌性市中肺炎ダンスシアターお歯黒べったり子どものむし歯口が減らないこちょこちょ三叉神経痛運動失調症連続体仮説へばりつくへたりこむべた記事練れ気者アコンチぺったりヒトツバべっとりぐだぐだ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

べったりの関連情報