ほい駕籠(読み)ほいかご

精選版 日本国語大辞典「ほい駕籠」の解説

ほい‐かご【ほい駕籠】

〘名〙 (「ほい」は、駕籠かきのかけ声から)
① 江戸時代、街頭で客待ちをする粗末な駕籠。辻駕籠
② 大阪で、正月一〇日の今宮戎神社祭礼や、二五日の天満天神の初天神に、芸娼妓が参詣するのに乗る駕籠。ほえかご。《季・新年》 〔随筆守貞漫稿(1837‐53)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android