コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

今宮戎神社 イマミヤエビスジンジャ

デジタル大辞泉プラスの解説

今宮戎神社

大阪府大阪市にある神社。創祀は600年。祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、事代主命(ことしろぬしのみこと)など。商売繁盛の神として知られる。1月の例祭「十日戎」には約100万人を超える参拝者が訪れる。通称、えべっさん

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

いまみやえびすじんじゃ【今宮戎神社】

大阪市浪速区恵美須町にある神社。祭神は事代主命ことしろぬしのみことなど。1月9日から11日まで行われる十日戎とおかえびすは有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

今宮戎神社
いまみやえびすじんじゃ

大阪市浪速(なにわ)区恵美須(えびす)西に鎮座。天照坐皇大御神(あまてらしますすめおおみかみ)、事代主命(ことしろぬしのみこと)、素盞嗚命(すさのおのみこと)、月読命(つきよみのみこと)、稚日女命(わかひめのみこと)を祀(まつ)る。600年(推古天皇8)聖徳太子が四天王寺建立にあたり、西方の守護神として創建されたと伝える。旧郷社。例祭は1月10日。江戸時代より始まった「十日戎(とおかえびす)」はとくに有名で、1月9日より11日まで行われる。当日は商工業繁栄を祈り、小宝(吉兆(きっちょう))をつけた福笹(ふくざさ)を受けようと、100万以上の参拝者でにぎわう。[寳來正彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の今宮戎神社の言及

【今宮神人】より

…内蔵寮(くらりよう)に所属した禁裏供御人(くごにん)の一種で別名今宮供御人ともいう。元来,摂津今宮浜(現,大阪市浪速区恵美須町)に集居する漁師であったが,平安時代に夷神広田社(今宮戎神社)の神人となり,魚介類の売買に従事した。夷神広田社は事代主(ことしろぬし)命を祭神とする旧郷社で,漁民が西宮(兵庫県)の広田神社から夷神を守護神として分祠したことにはじまる。…

※「今宮戎神社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今宮戎神社の関連キーワード大阪府大阪市十日えびす天照大神事代主神素戔嗚尊今宮神人大浦理子角田華子戎橋筋

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

今宮戎神社の関連情報