コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駅路 えきろ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駅路
えきろ

歌舞伎の囃子楽器の一つ。金属製の体鳴楽器。ドーナツ状の鉄を3個ほど金属製の半円輪に通し,輪の両側を木製の柄に固定したもので,その柄を持って振り,鉄鈴同士を触れ合せて音を出す。複鈴の一種。かつて街道宿駅において,信号として用いられた大型の方形の「すず」である「駅鈴 (えきれい) 」を模した擬音を出すもので,街道場面の下座楽器として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うまや‐じ〔‐ぢ〕【駅路】

宿駅のある街道。えきろ。はゆまじ。
「香島に向かふ陸(くが)の―なり」〈常陸風土記
宿場。〈日葡

えき‐ろ【駅路】

宿駅から宿駅へ通じる道。うまやじ。
歌舞伎で、宿場・街道の場面で用いる囃子(はやし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うまやじ【駅路】

宿場のある街道。駅路えきろ。むまやじ。
宿場。 〔日葡〕

えきろ【駅路】

途中に宿場の施設のある街道。うまやじ。
歌舞伎で、宿場や街道の場面に使う囃子はやし。また、それに用いる街道の馬につける鈴。

はゆまじ【駅路】

駅馬はゆまの通る路。街道。 「 -に引き舟渡し直乗ただのりに/万葉集 2749

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の駅路の言及

【駅伝制】より

…大化改新後,7世紀後半の律令国家形成期には,駅鈴によって駅馬を利用しうる道を北九州との間だけでなく東国へも延ばしはじめたようであるが,8世紀初頭の大宝令では唐を模範とした駅制を全国に拡大することとした。すなわち朝廷は特別会計の駅起稲(えききとう)・駅起田(えききでん)(後の養老令では駅稲・駅田)を各国に設置させ,これを財源として畿内の都から放射状に各国の国府を連絡する東海・東山・北陸・山陰・山陽・南海・西海の7道をそのまま駅路とし,駅路には原則として30里(約16km)ごとに駅を置かせ,駅ごとに常備すべき駅馬は大路の山陽道で20匹,中路の東海・東山両道で10匹,他の4道の小路では5匹ずつとし,駅の周囲には駅長や駅丁を出す駅戸を指定して駅馬を飼わせ,駅家(うまや)には人馬の食料や休憩・宿泊の施設を整え,駅鈴を貸与されて出張する官人や公文書を伝送する駅使が駅家に到着すれば,乗りつぎの駅馬や案内の駅子を提供させることとした。その結果,もっとも速い飛駅(ひえき∥ひやく)という駅使は,大宰府から4~5日,蝦夷に備えた陸奥の多賀城からでも7~8日で都に到着することができた。…

※「駅路」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

駅路の関連キーワード奕・役・掖・易・液・疫・益・繹・腋・駅・驛ほい駕籠・ほい駕篭塩田(佐賀県)吉野ヶ里遺跡鳴り物・鳴物遣わされるなさいやす大槻 如電十朱幸代貴田元親鈴木重昌大槻如電鹿島神宮鷹見泉石ほい駕籠平野富屋駅伝制度鳥栖市多久市佐渡国

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android