初天神(読み)ハツテンジン

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 正月二五日、天満宮へ当年初の参詣をすること。また、その縁日。太宰府・京都北野・大阪天満・東京亀戸の各天満宮への参詣が多い。大阪の天満宮では、当日、雷除けの護符を出し、境内で天神花・天神旗を売る。二四日の宵宮を宵天神、二六日の後祭を残り天神という。《新年
※俳諧・誹諧通俗志(1716)時令「初天神 廿五日」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

初天神の関連情報