ほうき草(読み)ほうきぐさ

知恵蔵miniの解説

アカザ科の1年草。正式名称はコキア。かつては枯れた茎を束ねてとして利用していたことから、「ほうき草」「ホウキギ」の和名がある。原産は南ヨーロッパやアジアだが、広く温帯地域に帰化しており、栽植もされている。高さ1メートルほどに成長し、全体が球形となる。茎と葉は秋に紅葉する。実った果実は秋田の特産品「とんぶり」に加工されて食用とされる他、薬用にも利用される。

(2015-10-16)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ほうき草の関連情報