ぼてれん

精選版 日本国語大辞典の解説

ぼて‐れん

[1] 〘名〙 (「ぽてれん」とも) 腹がふくれていること。特に、妊娠して腹がふくれていること。転じて、妊娠・妊婦をいう。ぼて。
※浮世草子・風流比翼鳥(1707)七「浅草川のあくた共うき名をながし、はらはぽてれん水ぶくれ」
[2] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる) 大きくふくらんでいるさまを表わす語。
※冷え物(1975)〈小田実〉「水がようけ入ってボテレンと大きなったんやからな」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android