まめぶ汁(読み)まめぶじる

知恵蔵miniの解説

クルミと黒砂糖入りの団子を、野菜類豆腐油揚げなどの具材が入ったで煮込んだ料理。岩手県久慈市九戸郡で食される郷土料理で、2011年、12年と2年連続で、町おこしイベント「B-1グランプリ」に久慈まめぶ汁が出店達成。13年放送のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で紹介され、人気となった。

(2013-5-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉の解説

クルミと黒砂糖を包んだ団子を、ニンジン・ゴボウなどの野菜、干瓢(かんぴょう)、油揚げなどと一緒に煮込んだ汁。岩手県久慈地方の郷土料理。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説


岩手県久慈市の郷土料理で、小麦粉を練った生地で黒砂糖やくるみを包んだだんご(まめぶ)を、にんじん・ごぼうなどの野菜や焼き豆腐、油揚げなどを入れたしょうゆ味の汁で煮たもの。◇まめぶが鞠(まりふ)と呼ばれる球形の麩に似ることから、これが変化したものといわれる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android