コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずほ高原 みずほこうげん

1件 の用語解説(みずほ高原の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

みずほこうげん【みずほ高原】

南極昭和基地の南方に広がる高原性の氷床域で,内陸部は標高3500mに達する。西部にやまと山脈が存在する以外は,厚さ約2000mの氷に覆われている。内陸部から海岸に向かって斜面下降風が吹き,地吹雪の日が多い。大陸氷は宗谷海岸および白瀬氷河に向かって流動している。日本隊による気象,雪氷,地学などの調査が1957年以降続けられており,みずほ基地が置かれている。【楠 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

みずほ高原の関連キーワード朝霧高原吉備高原霧降高原南極海マトグロッソ高原生駒高原大泉高原南極観測基地乗鞍高原燃広がる

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone