コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白瀬氷河 しらせひょうが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白瀬氷河
しらせひょうが

南極大陸,クイーンモードランドにある氷河昭和基地の南方約 100kmの地点にあり,南緯 70°,東経 38°30′付近でリュツォホルム湾に流入する。出口の幅 8kmに及ぶかなり大きな氷河で,年間2~2.5kmの流動速度があると測定されており,南極でこれまでに知られた最大の速さをもつ。日本の探検隊が発見,調査し,1961年白瀬南極探検隊にちなんで命名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しらせ‐ひょうが【白瀬氷河】

南極大陸、リュツォホルム湾奥に流入する氷河。昭和基地の南約100キロメートルに位置する。全長約85キロメートル、幅約10キロメートル。南極で最も流速が速い氷河の一つ。名称は、日本初の南極探検家白瀬矗(しらせのぶ)にちなむ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

白瀬氷河【しらせひょうが】

南極の昭和基地南方にある氷河。南緯70°,東経37.5°,幅9km,長さ25km。白瀬矗(のぶ)にちなんで命名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しらせひょうが【白瀬氷河】

南極の昭和基地の南方約100km,南緯70゜,東経37.5゜付近に末端をもつ幅約9kmの氷河。面積約20万km2の白瀬氷河流域の氷を年間約140億t流出している。末端部はリュツォー・ホルム湾の奥に浮氷舌として海に浮かぶ。末端部の氷厚は約400m,年間の流動速度は約2.5kmで,南極の氷河中,最も流速が大きい。1961年2月に日本がかつての南極探検隊長白瀬矗(のぶ)の名にちなんで命名した。【 宏】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

白瀬氷河
しらせひょうが

南極大陸、昭和基地の南約100キロメートルにあって、リュツォ・ホルム湾の最南部に注ぐ氷河。末端の幅は約9キロメートル。末端の表面はクレバスに富み、海に浮かぶ。面積約20万平方キロメートルの白瀬氷河流域の氷を、年間約140億トン流出している。1912年(明治45)に南極を探検した白瀬矗(しらせのぶ)にちなんで、1961年(昭和36)2月に日本が命名。[楠 宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

白瀬氷河の関連キーワードプリンス・ハラルド海岸新南極観測船しらせみずほ高原しらせ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android