コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずほ基地 みずほきち

2件 の用語解説(みずほ基地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みずほ基地
みずほきち

南極大陸,昭和基地南南東約 280km,南緯 70°42′,東経 44°20′にある日本の越冬基地。標高 2230mの大陸氷原上に位置。 1970年に第 11次観測隊が建設,みずほ観測拠点と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みずほ‐きち【みずほ基地】

南極大陸にある日本の観測基地。昭和基地の南東約270キロメートルみずほ高原の氷原に位置する。昭和45年(1970)、第十一次越冬隊により、みずほ観測拠点として建設。昭和53年(1978)より現名称になった。昭和基地に比べ標高が高く内陸にあるため、平均気温が約20度低い。昭和60年(1985)の第二十七次観測隊までが使用したが、現在施設は積雪により埋没し、無人気象観測機器などが設置されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のみずほ基地の言及

【昭和基地】より

…このとき残された15頭の犬のうち,タローとジローの2頭の生存が59年1月にわかり話題となった。
[みずほ基地]
 みずほ基地は昭和基地の南東約270kmの南緯70゜42′,東経44゜20′,標高2230mの大陸氷床上にみずほ高原調査の前進拠点として70年に設けられたが,施設の大部分は積雪のため埋没した。70年から75年までは数名によって断続的に,76年からは通年維持されており,78年3月にみずほ基地となった。…

※「みずほ基地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

みずほ基地の関連キーワード宗谷海岸ボストーク基地オングル島あすか基地南極観測基地ドームふじ基地コンコルディア基地南極高原マラジョージナヤ基地ミールヌイ基地

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone