コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みずほ基地 みずほきち

2件 の用語解説(みずほ基地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

みずほ基地
みずほきち

南極大陸,昭和基地南南東約 280km,南緯 70°42′,東経 44°20′にある日本の越冬基地。標高 2230mの大陸氷原上に位置。 1970年に第 11次観測隊が建設,みずほ観測拠点と呼ばれた。第 17次隊から,通年3~5名の隊員が常駐して,気象,超高層物理,氷雪などの観測を行い,78年,第 19次隊から正式にみずほ基地と呼ばれるようになった。年平均気温-32℃,最低気温-57℃ときびしい気候条件下にある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みずほ‐きち【みずほ基地】

南極大陸にある日本の観測基地。昭和基地の南東約270キロメートルみずほ高原の氷原に位置する。昭和45年(1970)、第十一次越冬隊により、みずほ観測拠点として建設。昭和53年(1978)より現名称になった。昭和基地に比べ標高が高く内陸にあるため、平均気温が約20度低い。昭和60年(1985)の第二十七次観測隊までが使用したが、現在施設は積雪により埋没し、無人気象観測機器などが設置されている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内のみずほ基地の言及

【昭和基地】より

…このとき残された15頭の犬のうち,タローとジローの2頭の生存が59年1月にわかり話題となった。
[みずほ基地]
 みずほ基地は昭和基地の南東約270kmの南緯70゜42′,東経44゜20′,標高2230mの大陸氷床上にみずほ高原調査の前進拠点として70年に設けられたが,施設の大部分は積雪のため埋没した。70年から75年までは数名によって断続的に,76年からは通年維持されており,78年3月にみずほ基地となった。…

※「みずほ基地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

みずほ基地の関連キーワード硫黄列島鳥島(東京)バルキシメトビンマルマラ海ロサリオアブ・シンベルカリバ・ダムキルクークジャーンシー

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

みずほ基地の関連情報