コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗谷海岸 そうやかいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗谷海岸
そうやかいがん

南極大陸のリュツォホルム湾の東岸,東経 40°付近に南北 120kmあまりにわたって延びる海岸。 1957年,日本の第1次南極観測隊が初上陸した地点で,観測船宗谷』にちなんで命名。この付近はプリンスハラルド海岸に属することになるが,東方のプリンスオラフ海岸との境界とされる東経 40°線は,調査の進んだ現在では,地形的に適切な境界とはいいがたく,この部分を宗谷海岸と呼ぶ意義は大きい。ラングホブデ,スカルブスネスなどそれぞれ 52km2,63km2ほどの面積をもつ露岩地域もあり,その周辺の大陸氷の夏の融解現象は著しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

宗谷海岸の関連キーワードクイーン・モード・ランドプリンス・ハラルド海岸リュツォー・ホルム湾リュツォ・ホルム湾みずほ高原

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android