コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みたくし ミタクシ

デジタル大辞泉の解説

みたくし

[代]《近世江戸語》一人称の人代名詞。わたくし。
「―も蚤(のみ)の頭を斧(よき)で割った程無念なとも存じて」〈浄・忠臣蔵

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みたくし

( 代 )
〔近世の通人が用いた語〕
一人称。わたくし。 「 -も、蚤のみの頭を斧よきで割つた程無念なとも/浄瑠璃・忠臣蔵」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

みたくしの関連キーワード人代名詞浄瑠璃通人

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android