通人(読み)ツウジン

デジタル大辞泉の解説

つう‐じん【通人】

ある事柄、特に趣味的なことに精通している人。「角界の通人
人情の機微、特に男女間のことに深い思いやりのある人。
花柳界の事情に通じている人。粋人(すいじん)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうじん【通人】

ある物事に精通している人。物知り。
世態・人情に通じている人。
花柳界の事情に通じている人。通。粋人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つう‐じん【通人】

〘名〙
① 多くの物事を知っている人。広い知識をもっている人。ものしり。
※私聚百因縁集(1257)七「所を以て 上代の通人咸く此の教に依って形を観し、号を念し仏身を見んと求む」 〔史記‐田敬仲完世家賛〕
② 普通の人。一般の人。
※十善法語(1775)八「男子にもあれ、女人にもあれ、通人よりまさるは、まづ不祥の器ぞ」
③ 世情に通じた人。特に花柳界の事情をよく知った遊び上手な人。いきな人。粋人。通客。通子。つうにん。
※洒落本・傾城買二筋道(1798)冬の床「万事いきにして如才なき通(ツウ)人なり」
※滑稽本・客者評判記(1811)中「宝暦の頃までは通り者と呼来たりしが、明和以来通人(ツウジン)と称し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通人の関連情報