人代名詞(読み)ジンダイメイシ

大辞林 第三版の解説

じんだいめいし【人代名詞】

人を指し示す代名詞。話し手(または書き手)自身を指す一人称(自称)、聞き手(または読み手)を指す二人称(対称)、話し手・聞き手以外の第三者を指す三人称(他称)、不特定または未定の人を指す不定称に分けられる。一人称には「わたくし」「ぼく」「おれ」など、二人称には「あなた」「きみ」「おまえ」など、三人称には「このかた」「そのかた」「あのかた」「こいつ」「そいつ」「あいつ」「かれ」「かのじょ」など、不定称には「どなた」「どいつ」「だれ」などがある。人称代名詞。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android