一人称(読み)イチニンショウ

大辞林 第三版の解説

いちにんしょう【一人称】

文法で人称の一。話し手(書き手)自身、また、話し手(書き手)自身を含む仲間全体をさす場合のもの。「私」「僕」「われ」「われわれ」などの代名詞についていう。自称。第一人称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いち‐にんしょう【一人称】

〘名〙 文法で、人称の一つ。話し手(書き手)自身に関することを示すもの。多くの言語で一人称単数、複数は別の単語を持つ。また、太平洋の島々の言語に見られるように、自分たちの側だけを示す除外形、相手の側をも含めた包括型という二つの異なった一人称複数形を持つ言語も多い。日本文法では、「われ」「わたくし」「ぼく」などの代名詞をいい、「自称」ともいう。〔日本文典(1876)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の一人称の言及

【人称】より

…文法的カテゴリーの一つ。話し手を一人称,聞き手を二人称,話される話題となっている人やものを三人称と分けるのが普通である。ただ〈話題になる〉という点では,話し手自身や聞き手が話題になる場合もあるので,三人称は〈話し手でも聞き手でもないその他〉とするのが妥当である。…

※「一人称」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一人称の関連情報