みとのまぐわい

精選版 日本国語大辞典「みとのまぐわい」の解説

みと‐の‐まぐわい ‥まぐはひ

〘連語〙 (「みと」の「み」は御の意、「と」は男性・女性の象徴部・陰部の意。「まぐわい」は「目合い」の意から転じ、男女の交接の意) 男女が契りを結ぶこと。みとのまくばい。
※古事記(712)上「美斗能麻具波比(ミトノマグハヒ)〈此の七字は音を以ゐる〉為む」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「みとのまぐわい」の解説

みと‐の‐まぐわい〔‐まぐはひ〕

男女が交合すること。性交
「是の天の御柱を行き廻り逢ひて、―せむ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android