コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

みとむない みとむない

大辞林 第三版の解説

みとむない

( 形 ) [文] ク みとむな・し
〔「みとうもない」の転。中世・近世語〕
見たくない。いやだ。 「狩の門出に-・い奴めが行き居る事ぢや/狂言記・鹿狩」
恥ずかしい。外聞が悪い。 「鼻のさきに墨がついてある。-・い/鳩翁道話」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

みとむないの関連キーワードみともない鳩翁道話みとう

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android