コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労使協定 ロウシキョウテイ

デジタル大辞泉の解説

ろうし‐きょうてい〔ラウシケフテイ〕【労使協定】

労働者使用者が結ぶ協定。労働基準法により、使用者は事業所ごとに労働者の過半数を代表する者と書面による協定を結ぶことが義務づけられている。労使協定の締結・労働基準監督署への届け出を行うことで、時間外・休日労働など、同法で禁止される事柄が許容される。使用者と労働組合が自由な形式で取り決めを行う労働協約とは異なる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

労使協定の関連キーワード時間外・休日労働に関する労使協定(36協定)ホワイトカラーエグゼンプション高年齢者雇用安定法(高齢法)残業時間の罰則付き上限規制パタニティ・ハラスメント改正高年齢者雇用安定法代理人(プロ野球の)クローズド・ショップフレックスタイム制ワールドシリーズマティニヨン協定法令等の周知義務定年後の再雇用変形労働時間制一斉休憩の原則雇用調整助成金ケビン マワイみなし労働時間年次有給休暇航空機乗組員

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労使協定の関連情報